ログイン 概要 よくある質問
2
1

略語/展開形検索サービス「Allie」の検索語は大文字と小文字をどのように区別しているのでしょうか?

大文字と小文字で入力した結果が異なることから、区別しているように思われます。 結果を比較すると、

  1. 大文字小文字の違いが完全にマッチしている略語
  2. 大文字小文字の違いが完全にマッチしていない略語

があります。

" 2. 大文字小文字の違いが完全にマッチしていない略語"はどのような場合なのでしょうか?またどのように検索しているのでしょうか?

詳しく教えていただければ幸いです。

質問日 Jan 29 '13 at 00:00

hkanekane's gravatar image

hkanekane
2113


Allieに興味を持って頂きありがとうございます。以下、回答します。

  1. まず、Allieデータベース中に、大文字小文字や記号なども含めて完全マッチする略語がある場合は、その情報が検索結果として出力されます。
  2. 完全マッチする略語が無い場合、大文字小文字の違い、記号の有無を吸収した上でマッチする略語があれば、それ(ら)が出力されます。

なお、現在の仕様では、完全マッチした場合で、その略語に対応する展開形の文献中での出現頻度が2以上あった場合で、その展開形群に対応する略語群に互いに表記上の違いがある場合、各略語を頻度順に出力しています。 例えば、「spf」で検索すると、該当略語が「SPF」と「spf」が出力されます(検索結果)。 これは、展開形「specific pathogen-free」および「subparafascicular nucleus」がそれぞれ文献中で、対応する略語として「SPF」と「spf」を取る場合があり、「SPF」の方が多く使われている、ということを示しています。

その一方で、例えば、「s-p-f」として検索すると、完全マッチする略語が無いため、「SPF」「spf」「Spf」など、上記の2. に相当する処理が行われて検索結果が出力されます(検索結果)。この場合、検索結果表示ページの上部に「検索結果 - 略語 : SPF ( "s-p-f" の代表表現 )」と表示されていて、完全マッチではないことを示しています。

ただ、上記1. と 2. の場合の検索結果の違いや出力結果の解釈方法が分かりにくいと思いますので、現在、インターフェースを改善すべく準備しています。

回答日 Jan 29 '13 at 12:04

yayamamo's gravatar image

yayamamo ♦♦
13316

1

「SPF」と「spf」という例を挙げて教えていただいたので、検索結果の違いがよくわかりました。出力結果の解釈に悩むことがなくなりそうです。 ありがとうございました。

(Jan 29 '13 at 22:57) hkanekane hkanekane's gravatar image
あなたの回答
プレビューをトグルする

この質問をフォローする

By Email:

Once you sign in you will be able to subscribe for any updates here

By RSS:

回答

回答とコメント

タグ:

×10
×2
×1

質問日: Jan 29 '13 at 00:00

閲覧数: 1,700 回

最終更新日: Jan 29 '13 at 22:57

powered by OSQA